スタッフ STAFF


三宅篤子 Atsuko Miyake  所長


MESSAGE

本人の責任でない要因によって本人や家族に生じる困難や生きにくさを減らすお手伝いをしたい、という問題意識から自閉症支援に長年かかわってきました。大学では発達心理学を学び、その後乳幼児健診での発達相談、療育センターの外来相談、通園施設、成人の方の通所施設などでアセスメントや支援にたずさわってきました。またアメリカのノースカロライナ大学のTEACCHセンターに留学し、自閉症を中心にした発達障害のアセスメントや支援についても学んできました。現在は、大学で発達障害のアセスメントや支援について教えるとともに、国立精神神経医療研究センターで自閉症へのABAやCBTの効果検証の研究にも携わっています。一人一人のお子さんがその長所と強みを生かして、少しでも意味のある生き方ができるようなお手伝いをすること、とりわけ支援にかかわれる専門家の支援と養成に力を入れていきたいと思います。



経歴

臨床発達心理士。

東京大学教育系大学院教育学研究科教育心理学専門課程博士後期課程修了。

横浜市総合リハビリテーションセンター臨床心理士、戸塚地域療育センター通園園長、横浜市中山みどり園副園長を歴任。アメリカノースカロライナ大学医学部TEACCH部ウィルミントンTEACCHセンター留学、帝京平成大学現代ライフ学部児童学科教授を経て、2011年より国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所児童・思春期精神保健研究部客員研究員。淑徳大学総合福祉学部兼任講師。



黒田美保 Miho Kuroda  クリニカル・ディレクター


MESSAGE

発達障害の中でも、自閉スペクトラム症を主に研究しています。心理学的介入の新しいアプローチの開発を行っていますが、心理学ばかりでなく生物学的な視点からの研究にも取り組んでいます。また、研究を臨床につなぐことも私の重要な役割だと考え、実際の発達障害の療育や就労の現場に研究知見を活かすことや、健診システムやフォローアップの改善もライフワークとして行っています。その子らしい、その人らしい、また、なによりもご本人が満足できる人生を送っていけるように、お手伝いできればと思っています。



経歴

名古屋学芸大学ヒューマンケア学部教授 / 東京大学大学院教育学研究科客員教授・福島大学子どものメンタルヘルス支援事業推進室客員教授・浜松医科大学子どものこころの発達研究センター客員教授・昭和大学発達障害医療研究所客員教授

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了。医学博士、学術博士、臨床心理士、臨床発達心理士。2005~2006年ノースカロライナ大学医学部TEACCH部門留学後、国立精神神経医療研究センター精神保健研究所、福島大学等を経て現職。

 



草川 弓 Yumi Kusakawa ソーシャルワーク・ディレクター


 

 

 

NO IMAGE

MESSAGE

自閉スペクトラム症への興味は、「自閉症とAD/HDの鑑別は難しいんだよ」というある医師の一言から始まりました。ご本人とご家族、ご家族と学校の先生、施設職員、行政など、関わる人たちを橋渡ししたいと考えてソーシャルワークの道を選びました。ご本人の生活者としての視点から支援者のお手伝いしたいと考えています。

 

 



経歴

社会福祉士。成城大学バリアフリー支援室支援員。

日本福祉大学福祉経営学部医療・福祉ビジネス学科卒業。親の会を通じたピア活動、啓発活動などおこなう傍らTEACCHプログラム研究会東京支部を立ち上げた。知的障害者生活介護施設、放課後等デイサービスに勤務後、現職。 



須藤 幸恵 Yukie Sudoh 主任研究員


 

 

 

NO IMAGE

 

 

 

MESSAGE




研究員


森裕幸 臨床心理士

木幡満里子 臨床心理士